用語集


急場の資金作りに最適!!新和チケットでクレジットカードを現金化!
クレジットカード現金化 新和チケット

クレジットカード現金化の新和チケットTOP用語集 > 

◇安心・安全の店舗営業◇


用語集

代物弁済

代物弁済とは、本来の債務とは別のもので債務を弁済することを言います。
例えば1千万円の債務を、評価額1200万円の不動産で弁済するような形です。(代物は必ずしも本来の債務と同等でなくても良い)
ただし、代物弁済を行うには、債権者の同意が必要です。
代物弁済により債務は消滅します。
債権者は仮に代物弁済により得た新たな債権の回収に失敗するなどして、予定していた額に満たない場合でも、足りない分を再度請求する、と言うようなことは出来ません。


多重債務

多重債務とは、複数の借入れ(借金)がある状態の事を指し、特に消費者金融やクレジットカードなどの支払い先が複数あり、返済が困難な状態に陥っていることを示す言葉です。
審査のゆるい消費者金融などで、安易にお金を借り続けた結果、その額が次第に膨らんでいき、最終的には返済のために新たに借金をするような事になってしまう人が多いようです。
こうした多重債務者の急増は貸し手側の過剰貸付にも問題がありますが、借り手側にも責任があると考えられます。
現在では貸金業法の整備なども進みつつあり、より審査の厳格化が義務付けられるようになり、多重債務解消のための法律による救済措置なども設けられています。


担保

担保とは、金銭債務が履行されない場合、その履行に代えて債権者が担保として提供を受けたものについて一方的に換価し、債務の弁済に当てる権利もしくは、その目的物のことを言います。
「不動産を担保にする」という場合、担保物権はその不動産の抵当権、担保目的物(担保物件)は、その不動産ということになります。
また、連帯保証人をつけることも広い意味での担保ということができます。
不動産担保には、動産とは違う点が二つあります。
そのひとつは、抵当権について、抵当権登記を行う義務があるということです。
債権者が複数いる場合には、抵当権登記の登記日の早い人から、弁済されていく決まりになっています。
もうひとつ動産と違うのは、債務者は担保物件について使用収益を継続できるという点です。
不動産については、所有権がそれだけ守られているということです。



<  |  >


《店舗案内》

吉祥寺店
錦糸町店
千 葉店
 柏 店
津田沼店
名古屋店
名古屋金山店

<お気軽にお電話ください!>

はじめての方はこちらへ
※サービス内容を詳しく
ご説明します

1.ショッピング枠現金化
2.換金率
3.カード現金化のながれ
来店型 ・振込型
4.お支払い方法
5.カードでお金・ショッピング枠現金化とは?
6.よくある質問
7.用語集
8.店舗案内
9.サイトマップ


Copyright (c) 2009
クレジットカード現金化、ショッピング枠現金化の新和チケットTOP
All Rights Reserved